ジュニアアスリートと言えど、そのトレーニング内容は中々ハードです。普段スポーツをしていない大人だったらすぐに根を上げてしまうんじゃないでしょうか。また、メンタル面の成長もトレーニングの一つなんです。

メンタル面でもトレーニング

まだまだ伸び盛りのジュニアアスリートですが、小さいうちから体幹を鍛えたり、バランス感覚を養ったりして日々トレーニングに励んでいます。
小さいうちから頑張って可哀想…と言う意見もありますが、根底にあるのはそのスポーツが好きだから、そして一緒にいる仲間が好きだから頑張れるんだと思います。

サッカーをする人たちでも、そのトレーニング内容はジュニアアスリートと言えどスポーツをしていない大人からしたらかなりハードな内容です。
スポーツによっても違いますが、サッカーなら体力づくりとテクニックを学び、水泳なら4泳法の足だけや手だけを使って泳ぎ込んだり、陸でのトレーニングで腹筋や背筋も鍛えます。
この日々の積み重ねが試合等の結果に出てくるので、子供と言えども真剣に取り組みます。
そして、最近体幹のバランスがしっかり取れていると、どんな競技でも安定してパフォーマンスが出来るからなのか、ダンスを取り入れるスポーツも増えています。
また、一つのスポーツだけをするよりも違ったタイプのスポーツもして、普段使わない筋肉も使うように指導もされます。

子供と言えどもアスリート。仲間と喜びを分かち合うなんて中々経験できる事ではありません。
また、挫折して落ち込んだりする事も、頑張っているスポーツだけど止めたいと思う日も来るかもしれません。
でもまたそれを乗り越えて日々強くなっていき、メンタル面でもトレーニングをしているのだと思います。