ジュニアアスリートを栄養面からサポートする上でとても重要な資格があります。それは、ジュニアアスリートフードマイスターです。
スポーツ選手の奥さんも数多く資格を取って、旦那さんをサポートしているこの資格、果たして難易度はどうなんでしょう?

ジュニアアスリート フードマイスター

ジュニアアスリートを食事面からサポートするのにあたって、ジュニアアスリート フードマイスターの存在は欠かせません。
アスリートは、食事の内容や取るタイミングで結果が変わってしまうので、このジュニアアスリート フードマイスターはとても重要な役割を担っています。
今では、スポーツ少年や少女のお母さん達が子供達のサポートの為に資格を取って、栄養面から子供達を支えているのです。

ノートと鉛筆を持つ手ではそのジュニアアスリートフードマイスターの資格の難易度はどれぐらいなんでしょうか?
実は合格率は90%とかなり高めなんです。
アスリートフードマイスター認定委員会の講座を修了した人だけが、認定試験を受ける事が出来るので当然の数字かもしれません。
1.5時間のカリキュラムを4コマ受講するだけで試験は受けれますが、費用は入学金込の7万円弱と少々お高めです。
ですが、アスリートフード学やアスリートに必要な食材の選び方、そしてタイミング別の食事計画等を学べるので、スポーツ栄養学を知る足がかりとしては最適な資格です。

アスリートフードマイスターは、ジュニアアスリートフードマイスターに合格しなければ受験する事が出来ません。
日々頑張っている子供達の為に、自分自身も頑張ってパワーの源でもある栄養面からサポートしたいですよね。